おっさんガンバルブログ

趣味のランニング、習慣、やりたいこと、感じたことなど、つぶやきます

ダイエット時の体重記録を継続するための方法

f:id:tm_operao21:20180929162414j:plain どうも、トトロー( [twitter:@<tm_operao21>] )です。

さて、今回はダイエット時の体重記録が継続できるようになった私のやり方のご紹介です。

ダイエットを始めてから気になるのは、やはり体重の変化だと思います。
けど、中々毎日記録するのって難しくないですか?

私も継続できなかった、その一人なのですが、以下のことを行うことにより継続できるようになりました。

1.服を着たまま計測する
体重を正確に測らなければという思いが強く、服を脱いで計測していました。けど、服を脱ぐという行為が面倒くさく、人間何かやることに面倒だと思うことがあれば、長続きはしませんよね。ある時期から、体重の変化を見るのに少々の誤差はいいやと思い、服を着たまま計測することにしました。

2.「〇〇をしたら体重を測る」といことを決める
私は朝起きて、顔を洗ったら体重を測るということに決めました。最初は、忘れそうになることもありましたが、何回か続けているうちに、ルーティン化して、体が自然に動くようになりました。また、体重計を洗面台の下に置き、直ぐに取り出せるようにしたことも良かったと思います。

3.かんたんに入力できるアプリを使う
体重の記録アプリは、様々な種類のアプリが出回っていますが、私が使っているアプリは‎「シンプル・ダイエット 〜 記録するだけ!かんたん体重管理 〜」をApp Storeでです。テンキーから体重と体脂肪率を入力するだけという、シンプルな操作で簡単に記録できます。
f:id:tm_operao21:20180929163739j:plain:w200

また、入力するのが面倒という方には、体重計からスマホに連携できる体重計もあります。最近は、2000円代から買えるようですね。

4.スマホのリマインダーで自動通知
ルーティン化していても、人間うっかりすることがあります。特に休日は、平日と朝起きる時間が違っていたり、休日の雰囲気は平日とは違うため、うっかりすることも多くなります。そこで、私は、スマホのアプリのリマインダー機能を使って、体重を測る時刻に自動通知を行い、うっかりを防止しています。

私は以上のことを行うことにより、ほぼ毎日、体重の記録ができています。

継続した結果を見える化することで、モチベーションアップにつながります。また、体重の変化を見ることで、例えば、食べ過ぎて体重が増えていた時に、少し食べる量を減らそうといった、制限をかけることもできます。 そのためには、毎日の体重の記録が重要だと思います。

私のやり方を参考に毎日きちんと体重を記録し、理想的な体になっていただけると幸いです。