おっさんガンバルブログ

趣味のランニング、習慣、やりたいこと、感じたことなど、つぶやきます

松下幸之助「一日一話」7/21 "世間は神の如きもの"に

"仕事の上手"に

f:id:tm_operao21:20180722081148j:plain

事業が大きくなってくると、仕事も複雑化して、いろいろな問題が発生します。その問題の解決策は、
"世間は神の如きもの、自分のしたことが当を得ていると、世間は必ずこれを受け入れてくれるにちがいない" という考えだそうだ。
正しい仕事をしていれば悩みもおこらないし、悩みがあれば自分のやり方を変え、それが正しいかどうか、世間が受け入れてくれるかどうかで判断すればよい。だから、この正しい世間とともに、懸命に仕事をすればよいというお話しでした。

私は、まだ世間とまではいきませんが、まず、自分の仕事が会社に受け入れられるかどうかで判断し、悩みがあれば考え、やり方を変えながら、自分の会社に受け入れられること、すなわち、社員のためになる仕事を行っていきたいと考えます。

今日も一つ成長できました。ありがとうございました。

拙い文書を最後までお読みいただきありがとうございます!
何か一つでもお役に立ったことがあれば記事をシェアしていただけるとうれしいです!