おっさんガンバルブログ

趣味のランニング、習慣、やりたいこと、感じたことなど、つぶやきます

松下幸之助「一日一話」5/30 叱ってもらえる幸せ

叱ってもらえる幸せ

叱ってもらうことの尊さを知り、叱られることに大いなる歓びを感じる境地に到達しなければならないと思うのである。

叱ってくれる人を持つことは幸せであって、叱ってくれる人がいないことは寂しいこと。叱ってもらうことによって、進歩向上が得られる。

叱られて反感を持って、不愉快な態度を出すと、再び叱ってもらえる機会を失い、自分の進歩もそこまでとなる。

叱ってもらうことは、自分の成長のための一大資料であると感じて、素直に受け入れてこそ、効果が生まれるというお話しです。

私は、これまで指摘を受けることを極端に嫌っていました。指摘を受けると反感の気持ちが顔や言動に表れていたと思います。このよう対応が、自分の成長を止めることになり、損をしていたと思います。

しかし、まだまだ遅くない。これからは、先輩、後輩、家族等からの指摘してくれることを幸せと感じ、これからの自分の成長のために素直に受け入れていきたいと思います。

今日も一つ成長できました。ありがとうございました。