おっさんガンバルブログ

趣味のランニング、習慣、やりたいこと、感じたことなど、つぶやきます

松下幸之助「一日一話」5/23

 

社長は心配役

ふと、昔に松下幸之助の「一日一語」の本を買っていたことを思い出し、毎日一話を読んで、感じたことをブログに残そうと思った。

 

社長というものは、従業員が一万人いれば一万人の心配を背負っていくものです。ですから、心配で眠れないというときもあります。眠れないからつらい、苦しい。しかし、そのような心配するのが社長の仕事なのです。そのために死んでも、それは早く言えば名誉の戦死ではないか、そう考えるところに社長として生きがいも生まれてきます。

 

 私もこれまでプロジェクトリーダとして仕事をやってきましたが、メンバのことを考えず、自己中心的な考えて仕事をやってきました。これまでの自分がやってきたことが、今の結果なのかと感じる。もっと、思いやりの気持ちを持ち、人のために役立つことをやっておけばよかったと思う。

 

ただ、まだ遅くは無く、取り返しはできるのかなと思う。

これからは、人のために役に立つことを、小さくても一つ一つ積み重ねて、これまで迷惑をかけてきた人たちに対して償っていきたいと思う。

 

#一日一語

#松下幸之助